2020年01月01日

はじめての方へ。丸拳ラーメンです。

こんにちは、丸拳(マルケン)門司港ラーメン店主のまるけん太郎こと、秋武政道です。
はじめての方は、丸拳ラーメンをより深くご理解いただくために「はじめて方は、こちらをクリック。」をクリックしてください。(準備中)

  
はじめての方は、こちらをクリック。
posted by まるけん太郎 at 00:00| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

サイレントマジョリティ・・・

こんにちは、まるけん太郎です。

※昨晩、お世話になりっぱなしの親戚のおじが亡くなり、今日(5/12)明日(5/13)と臨時休業をさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

おかげさまで、最近いろいろな方々のブログやmixiコミュニティ、食べログなどの人気ランキングサイトに取り上げられまして、まったく広告活動する余裕の無い丸拳ラーメンですが、順調にお客様にお越しいただいています。

ありがとうございます。

思えば、早いものでオープン以来約半年。試行錯誤の中、何とか営業を続けられるのは、まさしくインターネットでの皆さんの応援があればこそと感謝いたします。

そんな中、「食べログ」のレビューで、とても辛らつなご意見をいただきました。

(食べログより一部転載)

---------------------------------------------------------------
店主の信者が沢山集まる店って感じでしたょ

○○(9)さんの口コミ (20代前半・女性)

友達にもなっていない知り合いに物凄い勢いでお勧めされながら、GWに連れて行かれました
店主の信者が沢山集まる店って感じでなんだか居心地が悪く、落ち着いてラーメンを味わう雰囲気じゃありませんでした
まぁタベログを読んでても、信者が沢山集まる店って悪い予感はしてたんですけどwww
ラーメンの味は、なんだか褒める所が全く見つからない感じがしました
店内にいる人みんなが呪文のように、こってりなのにあっさりって言ってたけど(知り合いも言ってた)
本当にそれダケで、美味しさというか旨みが全く見つかりませんでした
スープを飲み干すのが美徳と思ってる、豚脂好きな男性だったら、あれで満足なんだろうなぁ
食べる前になんだか、拘りを前面に押し出される感じも辟易したし
コストパフォーマンスも、チャーシュー麺が800円っていうのもカナリ強気な値段で
流石、夜の店だなぁって思いました
他に美味しいラーメン屋さんいっぱいあるのにぃ、布教熱心な知り合いのせいで久々に一食損しました

http://r.tabelog.com/fukuoka/A4005/A400501/40010298/dtlrvwlst/966117/

---------------------------------------------------------------

今まで皆さんからお褒めの言葉や応援など過分なるコメントをいただいてばかりでしたので、ありがたくもあり、また、表面に現れる声ばかりでなく、このようにサイレントマジョリティとしてのご意見があるのだろうと、真摯に受け止めたいと思うしだいです。

何らかの警鐘だと、強く受け止めています。

このようなレビューをいただき、さて私は今後どうするべきなのか?つよく考えます。


■私が今まで心がけてきたこと

丸拳オープンより私は、このレビューのタイトルにもありますとおり、「たくさんの信者が集まる」ような店を目指してきました。信者というと胡散臭く聞こえる方もいるかもしれませんが、お客様にいろいろな面で信じてもらえる店主。それは、商売人として当たり前のことであり、それが店主としての目指すべきゴールだとも思いますので、そのような印象を受けられたことは、ある面私にとってはとてもうれしいことではあります。

しかし、このようなコミュニティ・テイストが前面に出ると、それになじめないお客様がいらっしゃるのは確かなことです。

そうなると、味やサービスといったレベルでの評価は2の次で、その雰囲気が好きとか嫌いとかになることは往々にしてあると思います。

味についても書かれていますが、今味を変えることは、今の味を好んでくださる多くのお客様への背信となりますし、私自身、私の先生の教えてくれた味を再現するのに一生懸命で、他に変えようがありません。私にとって大切なことは、私の創造性、革新性で新しい味を修正・開発することではなく「昔ながらの純豚骨ラーメン」の味を再現することです。

「そのときちょうどスープの出来が悪かった」などとは、毛頭言うつもりはありませんが、日によって、時間帯によっても、私の許せる範囲内で味が微妙に違うのが、丸拳ラーメンです。今の現段階では、それを良しとしてくれるお客様のご来店いただきたいと思ってまいりました。

価格に関しましては、それぞれのラーメン屋さんで、いろいろな方針があると思いますが、私は決して強気な値段とは思っておらず、他のラーメン屋さんから見れば、「もっと儲けのいい作り方があるのに」と、馬鹿にされるのが怖いくらいに、素材をふんだんに使っているという自負があります。これは、純豚骨ラーメンとして、スープ濃度という食感的味覚をベースにした品質にも大きく作用する部分です。

これは、夜も昼も関係なく、この作り方に納得できる方にとってはとてもリーズナブルな値段と思っております。


■お客様が選択を間違わない店作り

私は、「おおくの信者のようなお客様が集まる店」を目指してきました。そして、これからもその姿勢は変わらないと思います。味も今のままの調整がベースとなります。だからこそ、もっと私の姿勢を事前に明確に出し(これをこだわりと捉えられるかもしれません)て、店になじまないお客様が無駄なお金を使わないでいいようにしなければならないと思っています。

今いろいろと消費者の嗜好や環境が多様化する中で、万人受けする商品なんてありえないわけですから、その商品を必要としほしいと思うかたには、しっかりと私の姿勢を訴え、その逆に、必要でもほしくもない方には、「来店しない」と明確に判断できるような店作りをしなければならないと思います。

これは「売らんがためのこだわり」の強調ではなく、お客様に無駄なお金を使わなくてすむように「来店する・しない」の選択をしやすくするための情報提供と捉えています。


■ご投稿に感謝します。

このようなご意見を見るにつけ、なぜに、今このタイミングで、投稿された方にどのような意図があってなされたレビューなのか?ということを考えます。やはり、否定的な苦情などは、かなりエネルギーを使うもので、しかも他の投稿が「丸拳支持」のようなものばかりであればなおさらのこと、投稿に勇気がいったことでしょう。

投稿してくださった方には、大変失礼をいたしました。そして、ご投稿を感謝いたします。
また、せっかくご紹介いただいたお客様にも、きっといやな思いをさせたことでしょう。深くお詫び申し上げます。

このようなことの無いように、より強いアイデンティティを持った商売を心がけたいと思います。

 丸拳門司港ラーメン
 店主 まるけん太郎


追伸 おかげさまで「食べログ」にて、福岡県ラーメンランキング14にランクされました。1107件中の14位ですから、かなりうれしいです。ありがとうございます。

http://r.tabelog.com/fukuoka/0/0/lst/?LstCatSD=RC110101&LstCatD=RC1101&LstCat=RC11&Cat=RC

この中で北九州に所在する上位のラーメン屋さんは、3軒。
「らーめん工房 龍」さん、「ぎょらん亭」さん、「無法松」さん。
すべて、私があこがれる名店ばかりです。
これを励みに、これからも精進していきたいと思います。

------------------------------------------------------------------
■↓のサイトへのたくさんのコメント・レビューをお待ちしております■
------------------------------------------------------------------

 ◆「食べログ」(簡単なユーザー登録が必要です)

  「丸拳門司港ラーメン」
   http://r.tabelog.com/fukuoka/A4005/A400501/40010298/
 
 ◆mixi(招待によるユーザー登録が必要です)

  「北九州のラーメン」コミュニティ内「今日のラーメンPartII」
   http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30347536
  「純豚骨!丸拳ラーメン」コミュニティ内「今日の丸拳ラーメンPart1」
   http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41928205

------------------------------------------------------------------

■丸拳門司港ラーメンの場所■


より大きな地図で 門司港ラーメン 『丸拳』 を表示

 ⇒JR鹿児島本線「門司港駅」から、徒歩8分ぐらい
 ⇒北九州都市高速道路「春日インター」から約5分
 ⇒九州自動車道「門司インター」から約8分
 ⇒関門自動車道「門司港インター」から約5分

posted by まるけん太郎 at 09:53| Comment(5) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

ラーメンで、腹をこわす・・?

丸拳ラーメンは、今晩も、張り切って営業いたします♪

まあ、ラーメン屋にとっては、あんまり触りたくないネタではあるだろうけど、でも実際、とんこつラーメンや、ギトギト系ラード、背脂系ラーメンを食べたら、腹をこわすという話はよく聞くことで、そんなこともやっぱそれなりに話をしておかねばならない、丸拳ラーメンだと思っております。

特に、こってり系のラーメンはそのようにいわれることが多いですよね。

「あそこのラーメン食ったら、腹が痛くなるけのぉ〜」とか。

たとえば、

 『牡蠣を食って、下痢をすることがある』
 『キシリトールガムをたくさん食えば、腹がゆるくなることがある』

なんてことは、世間常識として認知されてるし包装紙の注意書きにも書いてあることなんで、改めていうべきことでもないのかもしれませんが、ラーメンにおいても、食べてそのような現象があることは、きちんと説明をしておいたほうが、よろしいかと思ったりもするわけです。

というのは、今日、街の先輩が、

 「秋武のところのラーメンは、うまいけど、腹をこわす」

といおう話が、複数人から出ているということで、わざわざ、自らの生体実験にご来店いただいたんです。

そして、極細麺、柔らかめ(よく茹でれば、かんすいの99.9%は抜けるといわれています)をご注文されて、さて・・・結果は?というところですが、

だいたいラーメンで腹をこわす原因は、よく2つほど言われるようで、

 1.麺に含まれるかんすいによるもの
 2.スープに含まれる脂分によるもの

なのですが、はっきり言って、まだ私には確固たる原因は、わからないわけで、これからよくよく勉強したいと思っております。

ということで、なにしろ丸拳ラーメンは、北九州の中でも有数のトロトロこってり系であることは、なんとなく認知されているようなので、念のために、

 「丸拳ラーメンを食べると、おなかがゆるくなることがあります」

ということだけは、しっかりお客様の常識として、啓蒙していきたいと思っております。他店のことはわかりませんが。 どうぞ、確かめにきてくださいませ。

皆さんからのアドバイスも求めます。

  丸拳門司港ラーメン
   店主 まるけん太郎

追伸  ちなみに、私は毎日のように丸拳ラーメンを極細麺10秒茹でバリ硬で味見してますが、ほとんど芋ロックのガブ飲みすぎでおなかこわしてるとおもうので、よくわかりません(すまん!以後気をつけます)
posted by まるけん太郎 at 17:42| Comment(2) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

昨晩は、博多で食べ歩き・・・

image/2009-04-15T16:20:441

image/2009-04-15T16:20:442

ホテルで、ぐっすりのバナナマン。


昨晩は博多に出張でした。
もちろん、ラーメンはしごしてきました。

長浜の「ナンバーワン」を狙っていったのですが、お休み。

そこで、

 長浜屋台とん吉本店&元祖長浜屋で、手打ち。

ご馳走様でした!

posted by まるけん太郎 at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

■素朴な質問:大将は、どこかで修業をしたのですか?

■質問:丸拳の大将は、どこかで修業をしたのですか?

□答え:とてもナイスな質問ですね。

私もそれを語りたくて、ウズウズしています(笑)

やっぱり、おいしいラーメンを食べるうえでも、そのような裏付け的なストーリーは知りたいですよね。有名な○○ラーメンで、長い年月修行してというような。それもやっぱり、味を構成する一つの要素だと思います。

しかし、ところがどっこい、残念ながら私には、そのような苦労を絵でかいたような修業時代というのがありません。もちろん、私にそのような経歴があれば、もっとそれを前面に出して営業もするんですけどね。

実は、私が丸拳ラーメンを創業するまでの修行の期間は、たった1ヶ月です。2009年10月13日に先生に習い始め、翌月の11月14日には、丸拳門司港ラーメンをオープンしました。

え?たった1ヶ月で?と思われるかもしれませんね。でも、その伏線はありました。

私は、学生のころ4年間関東で過ごしたのですが、その期間の約半分は長野県の白馬村で暮らしていました。私は、そのころスキーの同好会に入ってまして、夏と冬の休みを利用して、ラーメン屋でアルバイトをしていたのです。ほとんど居候で、ラーメン屋の手伝いをしながらスキーの練習をしていたのですね。

そのときのラーメン屋は、札幌ラーメンのチェーン店でしたが、カウンターだけの店で、一人で100名を超えるお客様を相手したり、スープを引いたりしていましたので、店の運営はなれたものでした。

九州に帰ってからは、やっぱりラーメン屋がしたくて、それもとにかく「とんこつラーメン」がしたくて約24年間その思いを募らせていたのですが、昨年、ひょんなことから再会したのが私の先生で、先生もすでにラーメン屋をやめていましたので、教えを請うことになりました。

修行というか、ラーメンの味作りの勉強は、先生についてもらい、私の家業である「じじや」という干物屋の工房の一角に「ミニラーメンスタジアム」というキッチンを設置し、毎日スープを引くことからはじめました。

そして、毎日、毎日、そのラーメンをじじやの社員に食べてもらい、そして3週間近くたって、「まだ、ラーメン食べる?」と聞くと、みな「たべまぁ〜す!」ということで、こんなに毎日食べても飽きが来ないのなら、世に出しても大丈夫だろうということで、早速店を開きました。

とにかくスープの引き方さえ教えてもらえればという素地がありましたので、一気に開店できたのです。

あとは、店をオープンしてからの実地の学びの連続で、スープが壊れて休業したり、うまくスープが取れなかったり、不規則な営業日にお客様に怒られたりしながら、店でのスープの維持管理や、オペレーションの変更など、今もなお、お客様の声を大切にしながら作り上げてる過程にあるのが丸拳ラーメンです。

私は修行の長さだけがラーメン屋の価値ではないと思っています。修行期間が短かった駆け出しだからこそ、お客様の声を大切に聞きながら育っていければと思っています。どうぞ、いいことも悪いことも、そして他の店との違いなどなんでも私にご教授くだされば、うれしく思います。

北九州で、一番お客様に近いラーメン屋になれればと思っています。

丸拳ラーメン
店主 まるけん太郎

posted by まるけん太郎 at 09:57| Comment(0) | 丸拳Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

■素朴な質問:「丸拳」の意味はなんですか?

■質問 丸拳ラーメンの「丸拳(マルケン)」の意味は何なのですか?

□答え とれもうれしい質問です。

丸拳の「拳」は、ラーメンスープの素材である豚の丸骨(足の骨)を意味します。

豚の丸骨は、その形状から「拳骨(ゲンコツ)」と呼ばれますが、丸拳ラーメンでは、そのゲンコツだけを使った素材重視のラーメンを作っている店という意味合いを込めて「丸拳ラーメン」としています。

また、私まるけん太郎が、ラーメン作りの教えを請うた先生が、若いころ「拳闘」をしていたこともあり、その先生の教えをしっかりと守り続けるという気持ちもこめ「丸拳」としました。

丸拳では、良質のゲンコツのみを使い、8〜12時間かけて、コクがでるまでスープを煮出します。

豚骨ラーメンに使う豚の骨は、店によっていろいろと違う部位もありますが、ゲンコツだけでしっかりと取ったスープが、どのような味わいやコク、そしてスープの濃度やトロみを醸し出すのか?各お店それぞれで元ダレによる味付けは変わりますが、丸拳ラーメンのスープを豚骨ラーメンを味わう上での、一つの物差しにしていただければと思います。

丸拳ラーメン
店主 まるけん太郎

posted by まるけん太郎 at 22:20| Comment(0) | 丸拳Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回純豚骨ラーメン!ブロガーズ・ミーティング開催のお知らせ

丸拳ラーメン店主のまるけん太郎、こと門司港のバナナマンこと、秋武政道です。

第2回「純豚骨!ラーメン、ブロガーズ・ミーティング」開催のお知らせです。

--------------------------------------------------------------

「より深く豚骨ラーメンについて語り合いたい」


豚骨ラーメンファンの皆様こんにちは。

丸拳門司港ラーメン店主、まるけん太郎こと秋武政道と申します。

現在、北九州市は関門海峡の港町、門司港というところで、げん骨のみをスープ素材とした豚骨ラーメン屋をやっております。まだ、経歴は浅く、開業4ヵ月半の駆け出しのペーペーでございます。

おかげさまで、開業以来、多くのお客様に恵まれ、また多くのブロガーさまやmixiなどのメンバーさまに、インターネット上に取り上げられるようになり、まだまだ勉強をしながら順調に営業を続けているところです。ありがとうございます。

とりわけ、インターネット上でご紹介いただいている、丸拳ラーメンへの記事、コメントなどは、私にとって多くの学びがあり、それこそ財産のようなもので、甘口であれ、辛口であれ、また苦情も含め、私にとって大きな学びとなっております。

そんな中、多くの方々の記事やコメントから刺激を受けるにつけ、「もっと皆さんと話ができる場が持てないだろうか?」と思いはじめ、前回3/9に、「第1回純豚骨ラーメン!ブロガーズ・ミーティング」を開催いたしました。

おかげさまで熱心なラーメン研究家や論者、フリークにお集まりいただき、18:30〜夜中の2時まで、とにもかくにもラーメンの話一辺倒で、とっても楽しい時間をすごしことができました。

その後、もっともっといろんな方々との交流を深め、そしてもっともっとラーメンについての知識を学びたいというお声もいただき、早速ではございますが、第2回目の開催となりました。

私本位の考えではありますが、きっと皆さんとお会いしお話しすることで、私自身の気づきやこれからのラーメン作りの参考にさせていただけると思うし、また、ブログやmixiで、有益な情報を発信されているあなた様にとっても、きっと多くのブロガーさんと交流を持つのは、とても楽しく知識の共有や情報の受け渡しができるのではないかと思います。

日ごろ、ラーメンへの研究心に燃えるブロガーさんには、ぜひぜひご参加いただきたいと思っております。


■前回の話の内容をピックアップしますと・・・

  ・丸拳ラーメンの事始め
  ・純とんこつラーメンの製造方法について
  ・ラーメン店の苦労や裏話
  ・豚骨ラーメンの系統
  ・久留米ラーメンと長浜ラーメン などなど

今回も、よりいっそう深イイ話が目白押しのことだと思います。


■さらに、今回は・・・

ラーメンの作り手の立場として、私だけの参加ではなく、北九州の純豚骨ラーメンを作っている若手ラーメン店主をお誘いしております。

ぜひ、あなた様のラーメンライフの一助として、いろいろとお話を伺ってもらえればと思います。

ただし、今回は、会場の都合上、23名限定で先着純の参加受付とさせていただきます。

とても急な日取りで、あまた予定もございましょうが、ぜひ、あなた様にご参加いただきたく、心よりご案内を申し上げます。

皆様とお会いできること、楽しみにしております。


                      丸拳門司港ラーメン 
                      店主 まるけん太郎 こと 秋武政道


追伸 急なご案内で申し訳ありません。
   私も参加して大丈夫なのか?
   いっても価値があるかどうか?などと、すこしでも思われる方は、
   ぜひぜひ私までメッセージをくださいませ。

   ganbare@jijiya.com

【開催要綱】

名称:第2回純豚骨ラーメン!ブロガーズ・ミーティング

日時:2009/4/20(月) 18:30〜20:00(終了後、懇親会を予定しています)

内容:豚骨ラーメンについての意見交換

   大まかな流れは準備したいと思いますが、基本的に、皆さんが
   多く発言できるように、フリートーキングスタイルで行いたいと思います。

参加費:無料 (懇親会は、居酒屋などで参加費3000円程度で予定しています)

参加資格:【先着23名さま】
     ご自身のホームページやブログ、mixiなどのSNS、BBSなどで、
     ラーメンについての情報発信をしている方で、
     すでに丸拳ラーメンを食べられた事がある方。
     (今回はどうしても丸拳ラーメンの話しが出ると思いますので、
      一度は食べた事がある方に限らせていただきます)

場所:「カモメホール」
    〒801-0863
    福岡県北九州市門司区栄町4-26
    電話:093-321-8280

   カモメホール地図
  http://www.mapion.co.jp/phonebook/M13007/40101/0933218280-003/

posted by まるけん太郎 at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

天気がよかったので・・・

image/2009-04-12T15:56:543

image/2009-04-12T15:56:542

image/2009-04-12T15:56:541

2日連続のピーカンな天気だったので、お昼の中休みを利用して、平尾台まで、風にあたりに行ってきました。

すずしーーーぃ!

posted by まるけん太郎 at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味見用素ラーメン

image/2009-04-12T15:56:547お昼は、少し薄めです。

毎日、味見から始まります。
posted by まるけん太郎 at 16:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新兵器導入・・・

おなじみのお客様、akki.nさんのご要望により、新兵器「手動ごま擂り機」を導入しました。

これで、お客さまもすり鉢&すりこぎ無しで、風味豊かなゴマの香りを堪能することができます(嬉)

posted by まるけん太郎 at 11:52| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。